*

借入金以外について

任意整理という言葉は一般的に負債整理というようにも呼ばれていて、それらの貸方に対し返済を継続することを前置きとした債務整理の選択肢となります。

 

その流れですが司法書士の資格者あるいは弁護士の資格を持つもの債権を有する者と債務者との中に入って相談し、利息を定める法律に従って利息の再計算をしてからもう一度計算した借りたお金の元金にかかる借入利息を下げる形で3年ほどの期間で返済を行っていく借金整理方策です。

 

この手順を踏む場合は裁判所などといった国家機関が管理することはないので他の方策と比較しても選択したときのリスクが最も少なく手順も依頼人にストレスにならないのでまず最初に比較するようお勧めしたいルートになります。

 

くわえて、貸方がサラリーマン金融みたいな高い利子の場合には、利息を制限した法律で決められている利息を超えて返した借入金利においては借入元金に充てられるとみなされもととなる元金それそのものをカットすることも不可能ではありません。

 

なので、サラ金業者のようなとても高額な金利のところへある程度の期間返しているケースなら期待以上の金利分を減額できる場合もありますし、十数年返してきた例では負債自体がなくなることもないとは言えません。

 

債務の整理の有利な点とすると、破産申告とは異なり一定の借金のみをまとめていくことができますので保証人がいる借入金以外について手続きをする時や自動車ローンを除いて整理をしていく場合などにおいてでも検討することもできますし、全ての財産を手放す必要がありませんので戸建て住宅などの資産を持っているものの、処分してしまいたくない状況であっても活用できる債務整理の方法といえます。

 

今後の返済に必要な額と実際としての所得額をかんがみて適切に返済の計画を立てられる場合においては任意による整理の手続きで進めるほうが良いですが、破産と違って借金そのものが消滅するということではありませんので借金の金額が大きいような場合は、実際問題として任意整理で方法を取るのは容易ではないということがいえるでしょう。