*

元金の考え方

任意整理とは借金整理というふうに呼んでいて、それぞれの債権を持つものへの債務の返済を継続していくことを選択する借金を整理する手順のことです。

 

実際の手続きでは債務処理経験のある司法書士とか弁護士有資格者お金の貸し手と借り手との仲介をして相談し合い利息に関する法律によって利息の適用し直しをもとに新たに計算しなおした借り入れた元金の借入利息を削減することで36か月くらいの期日をめどに返済をしていく債務の整理の手順です。

 

この手続きの場合には裁判所といった機関が関係することがないためそのほかの選択と比較すると、利用した場合の不利になる点が少なく、やり取りは依頼人にあまり頭の痛い問題にならないので、まず最初に検討する必要があるモデルといえます。

 

くわえて、ヤミ金のような法外なであるなら、利息を制限した法律が明記している貸出金利をゆうに超えて渡した利息分はその元金に充てるとみなされ借りたお金の元金自体を減らすこともできてしまいます。

 

つまりは、ヤミ金業者のようにとても高い年利のところに対しある程度の期間返済し続けている場合にはある程度のお金を減らすことができる可能性もありますし、10年くらい返済してきた例では借金自体が償却される可能性もあります。

 

借金の整理の良いところについてですが、自己破産と違って特定の負債だけを整理することになりますので、他に保証人が関連する契約を別として手続きをする場合や住宅ローンを除き整理する際等においても検討することも良いですし、全ての財産を手放すことは必要とされていないので貴金属や不動産などの財産を所有しているものの、放棄したくない場合にも有効な借金整理の手続きになるでしょう。

 

しかし、これから返済していく額と実際としての給与等の収入を比較し、適度に返済の目処が立つ場合においては任意整理の手続きを取るほうが良いといえますが、自己破産と異なり負債そのものがなくなってしまうということではないため総額が巨額な場合においては現実問題として任意での整理の手続きを進めることは難しいと考えるのが無難でしょう。